ローズマリーのハーブティー効能

ハーブティーをもつ人

こんにちは、まえだ治療院です。

前回ローズマリーの効能と効果のざっくりとした概要を書きましたが、今回はハーブティーとしてローズマリーを飲み場合と効能についてお伝えします。

 

私も実際に毎朝、ローズマリーのハーブティーを飲んでいます。

まえだ治療院の庭で育てているローズマリーの成長が旺盛なので、いくらでも収穫できますし、収穫の時にはローズマリーの香りも嗅いでリフレッシュしています。

 

飲み方の種類お湯出しと水出し

ティーパックにお湯を注ぐようにフレッシュのローズマリーにお湯を注ぎ約5分ほど待つとローズマリーのハーブティーの完成です。

ただ好みにもよりますが、お湯出しのハーブティーは結構スパイシーでパンチの効いた味になります。

 

これはこれで悪くないのですが、それなりにクセがありますので、クセなく飲みたいという方は、ローズマリーの水出しハーブティーがおすすめです。

 

前日にコップに水とローズマリーを入れておき冷蔵庫に8時間~12時間おいておくだけで成分が水に溶け込み、かつクセのないハーブウォーターが完成します。私はこれを毎朝飲んでいます。

 

お湯出しはクセのある味になるけどすぐに飲める。

水出しは時間はかかるけどクセなくすっきり飲めます。

 

またお湯だしでも水出しでも使用したローズマリーは捨ててもらってもいいですが、この使用済みのローズマリーも細かく刻むで料理にいれることも可能ですので、再利用するかはお任せします。

そのまま捨ててもらってもゴミ箱の消臭になりますので、最後の最後までローズマリーは大活躍してくれます。

ハーブティーで使用するローズマリーは先の方、まだ枝が緑色の新芽を収穫して使用してください。

ローズマリーのハーブティー効能

 

消化促進

 ローズマリーのハーブティーは、胃液の分泌を促進し、消化を助ける可能性があります。食後に摂取することで、胃の不快感や胃もたれを軽減するかもしれません。

 

抗酸化作用:

ローズマリーに含まれる抗酸化物質は、体内の酸化ストレスを軽減し、細胞の健康をサポートする可能性があります。老化の防止や疾病予防に寄与するかもしれません。

 

免疫力向上

 ローズマリーには免疫をサポートする成分も含まれているとされています。ハーブティーとして摂取することで、免疫システムの強化が期待できるかもしれません。

 

風邪の予防

ローズマリーには抗菌作用がある成分も含まれています。これにより、風邪や感染症の予防や軽減に寄与する可能性があるとされています。

 

循環系の健康

 ローズマリーのハーブティーは、血行を促進する効果があるとされています。血液の循環を改善し、体全体に酸素や栄養を効果的に供給する可能性があります。

 

脂質代謝の向上

一部の研究によれば、ローズマリーの成分が脂質代謝を改善し、脂肪の蓄積を抑制する可能性があるとされています。

 

血糖コントロール

 ローズマリーに含まれる成分が血糖値の上昇を緩やかにする助けになるかもしれません。糖尿病の管理に役立つ可能性があります。

 

呼吸器系の健康

 ローズマリーに含まれる成分が、呼吸器系の健康をサポートする助けになるかもしれません。気道の拡張や炎症の軽減が期待されます。

 

痛みの軽減

 ローズマリーのハーブティーには抗炎症作用があるとされており、関節炎や筋肉痛の軽減に寄与する可能性があります。

 

リラクゼーション

ローズマリーの香りはリラクゼーションを促すとされています。ハーブティーを飲むことで、ストレスの軽減や気分の安定に寄与する可能性があります。

 

抗不安効果

ローズマリーのハーブティーの香りは、リラックス効果をもたらすとされています。不安や緊張の軽減に寄与する可能性があります。

 

になります。

うれしい効果ばかりのローズマリーですが、使用の禁忌もありますのでご注意ください。

 

妊娠中の人: 妊娠中の人は、大量にローズマリーを摂取することを避けるべきです。これは、ローズマリーが子宮収縮を引き起こす可能性があるためです。また、胎児に影響を及ぼす可能性も考慮されます。

 

授乳中の人: 授乳中の人も、大量のローズマリーの摂取は避けるべきです。ハーブの成分が母乳に移行する可能性があるため、赤ちゃんに影響を及ぼすことがあるかもしれません。

 

てんかん患者: ローズマリーには、神経刺激作用がある成分が含まれています。このため、てんかん発作を引き起こす可能性があるとされています。てんかん患者は、ローズマリーの使用を避けるべきです。

 

アレルギー体質の人: ローズマリーに対するアレルギー反応がある人は、ローズマリーの摂取や使用を避けるべきです。アレルギー症状が皮膚かゆみ、発疹、呼吸困難などに現れる可能性があります。

 

消化器系の問題を抱える人: ローズマリーは消化器を刺激する効果があるため、胃潰瘍や逆流性食道炎などの消化器系の問題を抱える人は、過度な摂取を避けるべきです。

 

注意事項として

過剰摂取の回避: ローズマリーを過度に摂取することは、健康に悪影響を及ぼす可能性があります。ハーブティーやアロマの使用量を適切にコントロールしましょう。

 

アレルギー反応: ローズマリーに対するアレルギー反応は稀ですが、一部の人々に影響を及ぼす可能性があります。初めて使用する際には、皮膚テストを行ったり、少量から始めることをおすすめします。

 

薬との相互作用: ローズマリーに含まれる一部の成分が、特定の薬物と相互作用を起こす可能性があります。特に、血圧降下薬や抗凝固薬などを服用している場合は、医師に相談してから使用することを検討してください。

 

使用前の相談: ローズマリーを医薬品や健康補助食品として使用する場合、既存の健康問題や処方薬の使用との相互作用を考慮し、専門家に相談することが重要です。

 

一般的な使用においてはローズマリーは安全だと言われていますが、自身の健康状態や個人差を考慮して、適切な方法で使用することが大切です。薬と同じように用法用量は守りましょう。

 

まえだ治療院 院長 前田諭志

予約フォームから簡単予約!

070-7567-2162

070-7567-2162

9:00〜12:30  15:30〜19:30

兵庫県加古川市加古川町寺家町244-42

まえだ治療院の特徴

加古川で幅広い体の痛みや不調を改善しております

国家資格者が行う整体で安心

まえだ治療院では、どのような症状でも、仮に”肩こりだけ””腰痛だけ”のような一か所の不調に対しても全身整体(トータルボディアジャストメント)を採用しております。理由といたしましては、不調がある箇所とその不調の原因となっている箇所が必ずしも一致していないからです。全身のバランスが整ってはじめて、肩こりが解消される。腰痛がなくなるということは珍しいことではありません。そのことからまえだ治療院では、全身の骨・筋肉・筋膜・ファシア・神経・血管・リンパに対しての施術はもちろんですが、骨盤調整、頭蓋調整、内臓調整を行っています。全身整体でご予約いただけますと文字通り全身の整体を行います。

逆に「一か所だけ集中的にしてほしい」と言うご要望がありましたら、施術前におっしゃってください。

※スピリチュアル要素を含む整体の類は一切行っておりません。もしそのような整体をご希望の方はまえだ治療院の専門外になります。ご利用はご遠慮ください。

Access

加古川の整体院へのアクセス方法を記載しておりますのでぜひご活用ください

概要

店舗名 まえだ治療院 
住所 兵庫県加古川市加古川町寺家町244-42
電話番号 079-440-7011
営業時間 9:00〜12:30 15:30〜19:30
定休日 火曜日 水曜日  祝日
最寄り JR加古川駅北口より徒歩約7分 加古川バイパス加古川ICより お車で約4分

アクセス

加古川にお住まいの方へ整体院についてご紹介しております。アクセス方法やサービスの内容、院内の雰囲気等を記載しておりますのでぜひホームページよりご覧いただき、参考とした上で気軽に足をお運びください。

予約フォームから簡単予約!

070-7567-2162

070-7567-2162

9:00〜12:30  15:30〜19:30

兵庫県加古川市加古川町寺家町244-42

2024年7月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
が定休日です。
2024年8月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
が休診日です。

【臨時休診日のお知らせ】

7/25(木)休診

【重要なお知らせ】

24年8月11日(日)~14日(水)の間

院内システムの更新のため、

予約フォームに対して返信できなくなります。
15日(木)より順次返信いたします。

※予約フォームに送信は可能です。

2023年12/30(土)で固定電話を廃止いたします。

電話番号が変更となります。

079-440-7011⇒070-7567-2162
施術中は電話に出れない時があります。

予約フォームを使っていただけますと非常に助かります。

【7月予約状況】

22日(月)✕/✕

26日(金)◯/△

27日(土)◯/△

28日(日)◯/◯

29日(月)◯/◯

●●日(□) 午前/午後で表記

○:空きあり

△:ご希望に添えない可能性あり

×:埋まっております

※7/21(日)19:00時点での予約状況

ご予約時○・△表示であっても

更新のタイミングで×の時があります。

予約フォームから簡単予約!

070-7567-2162

070-7567-2162

9:00〜12:30  15:30〜19:30

兵庫県加古川市加古川町寺家町244-42

New Page

Category

対応症状別に記事をまとめています

2024年7月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
が定休日です。
2024年8月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
が休診日です。

【臨時休診日のお知らせ】

7/25(木)休診

【重要なお知らせ】

24年8月11日(日)~14日(水)の間

院内システムの更新のため、

予約フォームに対して返信できなくなります。
15日(木)より順次返信いたします。

※予約フォームに送信は可能です。

2023年12/30(土)で固定電話を廃止いたします。

電話番号が変更となります。

079-440-7011⇒070-7567-2162
施術中は電話に出れない時があります。

予約フォームを使っていただけますと非常に助かります。

【7月予約状況】

22日(月)✕/✕

26日(金)◯/△

27日(土)◯/△

28日(日)◯/◯

29日(月)◯/◯

●●日(□) 午前/午後で表記

○:空きあり

△:ご希望に添えない可能性あり

×:埋まっております

※7/21(日)19:00時点での予約状況

ご予約時○・△表示であっても

更新のタイミングで×の時があります。

Reserve

予約フォーム