News

まえだ治療院

家族の精神疾患でお悩みの方

「家族の関わり方」

こんにちは、まえだ治療院です。

今回は

家族の精神疾患でお悩みの方「家族の関わり方」

についてです。

精神疾患は本人が苦しいことはもちろんですが、

その家族もまたどのように接していいのか?

困惑してしまうことが多いと思います。

 

また精神疾患の症状が完全にはつかみきれない。

目に見えるものであればわかりやすいのかもしれませんが、そういうわけではありませんし、

「これは症状なのだろうか?」

「今はそっとしておくべきなのか?」

「積極的に関わりをもった方がいいのか?」と

悩んでしまう場面も多くあると思います。

 

まず大前提に言えることですが

「家族だけでなんとかしようとしない」ことです。

必ず専門家たちの助けというのは必要になりますし、

自分たちだけで解決しようとせず

すぐに相談することが望ましいです。

 

病気に対する知識などを得ることもできますし、

そうなると自ずと家族の関わり方も見えてくるはずです。

 

またよく言われる関わり方に

「本人のペースを尊重する」ということがあります。

これは仮に「うつ病」と診断がついたとして、

うつ病の診断を受けた人10人が

全く同じ治り方をしていくのか?と

言われるとそうではないからです。

早くに治る人もいれば、

時間がかかることももちろんあります。

本人のペースを尊重してあげないと症状が

またぶり返してしまうことがあるからです。

 

他には

「頑張れと励まさない」

「叱責しない」

「否定も肯定もしない受け答え」

「失敗させない」なども言われますが、

たしかに症状がもっとも重い急性期(病気のはじめ)にはこのような声かけなどはしない方がいいです。

 

ただずっと一貫して

このような対応でいいわけではありません。

症状がよくなってきたことで社会復帰などが目標に

なっているときに、失敗させないこちらの働きかけや、

叱責しないというのは本人のためにならないからです。

だめな時は注意しないといけない場面もありますし、

失敗から学ぶということをこちらが取り上げてしまっていることになるからです。

そのような声かけの相談なども専門家と

相談して決めていければいいと思います。

患者の会と家族の会

最後にですが、

病気には必ず「患者の会」「家族の会」

というものが存在します。

 

そのような場に出向いていくことも理解が深まりますし、同じ境遇の人たちからさまざまな体験談を聞ける機会になります。

一部ですがご紹介します。

一度HPを調べてみてください↓

 

「全国精神保健福祉会連合会みんなねっと」

「地域精神保健福祉機構コンボ」

「AA(匿名断酒会)」

「日本禁酒同盟・断酒修養会」

「OCDの会(強迫性障害)」

「日本自閉症協会」

「全国LD親の会」

「心理教育・家族教室ネットワーク」

働く人のメンタルヘルスを支えるサイト「こころの耳」

厚生労働省HPからSNSでのカウンセリング受付もあります。

 

まえだ治療院でも家族支援、相談にも対応しております。

お気軽にお問い合せください。

 

まえだ治療院 院長 前田諭志

Access

加古川の整体院へのアクセス方法を記載しておりますのでぜひご活用ください

概要

店舗名 まえだ治療院 兵庫県加古川院
住所 兵庫県加古川市加古川町寺家町244-42
電話番号 079-440-7011
営業時間 9:00〜12:30 15:30〜19:30
定休日 火曜日 水曜日  祝日
最寄り JR加古川駅北口より徒歩約7分 加古川バイパス加古川ICより お車で約4分

アクセス

加古川にお住まいの方へ整体院についてご紹介しております。アクセス方法やサービスの内容、院内の雰囲気等を記載しておりますのでぜひホームページよりご覧いただき、参考とした上で気軽に足をお運びください。
Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事